歯科での保険外の治療について

ホームへ戻る >  災害への備えとしての宅配水  > 歯科での保険外の治療について

審美歯科への関心が高まっていることもあり、健康保険の範囲外となる治療が歯科医院で行われるケースが増えています。この場合、最初から患者が希望、あるいは納得した形で行われる分なら問題ないのですが、時によっては患者に事前に知らせることなく保険外の治療を行うケースも見られます。


たとえば定期健診に訪れたら口内のクリーニングをされ、驚くような金額を請求されることがあります。虫歯1本の治療に1000円程度しかかからないのに口内のクリーニングに3000~4000円かかることも。本来こうしたことは事前に患者に伝えておくことが大前提。それができていない歯科医はあまり信用できないと見たほうがよいでしょう。

もうひとつは料金の問題。保険適用の治療はどの歯科医院でも同じ、横並びの料金設定になっています。しかし適用外、自由診療は各医院が独自に設定する形になっているのです。その価格をしっかりと明示せず、なし崩し的に治療を受けさせた後に料金を明らかにするケースも多いのです。上に挙げた「こんなにお金がかかるとは思わなかった」というケースと重なりますが、本当に良心的で、自由診療の内容に自信がある歯科医院ならあらかじめ料金は明確にしておくはず。そうでないところは注意した方がよいでしょう。


このように、保険外の治療が増えているからこそ注意しなければならない点もあります。よく踏まえたうえで選ぶようにしましょう。公式サイトなども参考にし、治療内容や料金設定をあらかじめ確認しておくのもひとつの方法です。