災害への備えとしての宅配水

ホームへ戻る > 災害への備えとしての宅配水

ナチュラルウォーターとは?
歯科での保険外の治療について
水の宅配比較
初期費用なしで導入するボトルウォーター
ボトルウォーターのストック

昨年の東日本震災以降、災害時の備えとして水の備蓄を考えない人は稀といえるレベルになっているでしょう。


水を備蓄するという点で、しっかり殺菌・密封されている宅配水サービスの水ボトルは非常に心強い存在なのですが、災害時に備えるという点では色々業者ごとの差があると言えます。どの業者の提供するサービスが災害時の備えにも向いているのか、ランキングなどを利用して業者の情報収集・比較検討を行う際にもぜひ頭においておきたい観点です。

まず、地震など大規模災害時に起きうる事態としては、自宅の倒壊ということが考えられます。これはすなわち、もしかすると備蓄物資が取り出せなくなるかもしれないことや、一部または全部が破損する可能性があるということです。そうした点から見るとまず、備蓄用の水タンクにはある程度以上の強度が欲しいところです。基本的にどの業者の水タンクも、通常の使用では全く問題ない強度を持っているため、「最大どのような衝撃や圧迫に耐えられるか」というデータはランキングなどでも記載されていないことが多いです。業者のHPか、必要ならば直接問い合わせて確認するほかないでしょう。はっきり答えが返ってくるところもあれば、曖昧にしかわからないところもあるでしょうが、その返答への自信自体が災害時のことを考えているかどうかの現れにもなっています。また、ランキングサイトなどのある意味大雑把な情報でもそうしたことが記載されているようなら、大いに注目すべきでしょう。