スカイツリーの見える歯科

ホームへ戻る >  バランスの取れる矯正  > スカイツリーの見える歯科

歯周病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、大変怖い病気であると言えます。自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している場合が多く、長期間の治療が必要になります。歯周病に限らずどのような病気でも症状が進行すればするほど治療が難しくなりますが、歯周病は、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう事こともあるのであす。興味深い事実として、実際には歯周病だと自覚して歯医者に行かれる方は少なく、虫歯や口の中の異常を感じて歯医者に行ったところ歯周病と診断される方が多いということがあります。歯周病に当てはまる症状がある方は早めに歯医者で診察してもらいましょう。墨田区は東京23区内のやや北東に位置しており、水の郷百選に選ばれています。西の隅田川と東の荒川および中川に挟まれた町です。押上・業平橋地区では、自立式鉄塔としては世界一となる高さ634mの地上デジタル放送用タワー、東京スカイツリーが2012年春の開業に向け建設中で、現在建設現場は観光名所ともなっています。

昭和38年頃までは、戦後の復興及び発展とともに人口が増加していったものの、その後は頭打ちとなり減少し始め、町工場も郊外や海外への移転などにともない減少してきました。近年では、これら工場跡地にマンションを建てるなどの開発が進められ、特に2000年以降は人口が大きく増加(回復)しています。インターネットでは墨田区の歯科医をたくさん検索できますので、歯周病にならない為にも早めに受診しましょう。