外国人に人気のある歯の治療

ホームへ戻る >  信頼できる歯医者さんで、定期的なケアを  > 外国人に人気のある歯の治療

六本木の地名は、6本の松があったこと及び青木・一柳・上杉・片桐、朽木・高木氏の各大名屋敷が存在したことに由来されるという説があります。そして江戸時代には「六本木町」は門前町であり、現在の六本木交差点付近の狭い範囲の事を言っていました。明治以降は、寺院や大久保加賀守の下屋敷跡などを含む範囲となっています。大正時代以降には、六本木付近には日本軍の軍事施設が置かれ、龍土町は二・二六事件に参加した歩兵第三連隊があった場所でもあります。その軍事施設は、終戦にともない連合軍に接収され、街全体が外国人向けの商店や飲食店が多く集まる地域になりました。2000年までは防衛庁の本庁が置かれていましたが、移転に伴い現在は東京ミッドタウンが建設されています。このような土地柄により、外国人が多い街であり医者や歯医者でも外国人向けの施設が充実しています。

特に医者・歯医者及び看護士の募集には、英語やその他の言語ができる人への希望がかなり高くなっています。特に歯の治療には外国人は興味が高いです。アメリカ人が宝くじに当たって欲しいものは、1位が家、2位が車、3位が歯の治療という具合です。歯医者に本人が直接行き歯の年間定期検診率は、北欧90%、米国80%、日本3%となっています。