連結装着(アバットメント)を取り付け、人工歯(上部構造)を装着して完成

ホームへ戻る >  審美治療を得意とする歯科医院を探す  > 連結装着(アバットメント)を取り付け、人工歯(上部構造)を装着して完成

インプラント治療を受ける前にこれだけは知っておきたいポイントを挙げてみました。知識として知っておきたいことや自分の体のチェックなど、治療を受けるその前にしっかりと確認しておきましょう。インプラントは「第3の歯」と呼ばれています。


生まれて半年くらいから生え始める乳歯が「第1の歯」、6歳前後に生え始める永久歯が「第2の歯」、そして永久歯がなくなってしまった後の代わりの歯としてインプラントが「第3の歯」なのです。

虫歯や歯周病によって歯がなくなった場合、歯が抜けたところに人工の歯をつくって入れる治療方法がインプラントです。


まず人口歯根を歯槽骨に埋め込み、歯を支える支台部を連結し歯冠を装着します。ちなみに、インプラントとは「植立する」という意味です。顎の骨に穴を開けてチタン製の人工歯根(インプラント体・フィクスチャー)を埋め込みます。


インプラント体が顎の骨としっかりと結合するまで、個人差がありますが、3~6ヶ月かかるため、必要に応じ仮歯を入れます。インプラント体の上に連結装着(アバットメント)を取り付け、人工歯(上部構造)を装着して完成です。治療後は、正しい歯磨きと半年に一度程度の定期健診を受けることが長持ちの秘訣です。インプラント歯科医院は、足立区千住旭町、足立区入谷、足立区西新井栄恵町にあります。