自衛官等にとって歯は非常に大切

ホームへ戻る >  歯のトラブルを少しでも軽減するために  > 自衛官等にとって歯は非常に大切

市ヶ谷台市ヶ谷台とは、東京新宿区の市ヶ谷駅西方にある台地のことであり、江戸城・皇居西方の高台であり、防衛の要として江戸から現在まで重要な防衛施設が置かれている地域であります。この市ヶ谷には、江戸時代に東北の伊達家がこの地に大名屋敷を建てる計画でありました。


その理由は江戸で一番高く、高台であるが湧水が出ており、江戸城を攻めるためには一番見晴らしがよく攻められにくい地であった為です。故にこの市ヶ谷の地には御三家である尾張徳川藩上屋敷が存在し、明治維新以後にも陸軍士官学校、陸軍省・陸軍参謀本部が置かれ、現在は防衛省の本庁が存在する地域となっています。軍隊及び自衛隊は、1つの組織で完成された機能を有しています。

特に他の省庁等違うのは医師や歯医者の存在であります。現在の防衛省でも、大学の歯学又は薬学部を卒業した者に対して自衛隊病院や各基地・駐屯地で勤務する歯科医官及び薬剤幹部を募集しています。


歯医者である歯科医官は、幹部候補生学校で約6週間の教育を受け、その後現場での歯科治療を行ないます。特に自衛官等にとって歯は非常に大切であり、歯のかみ合わせが悪いことで様々な病気の症状や力が発揮できない事があるので非常に自衛隊内の歯医者の期待は高いと言われています。