最新の歯科治療・矯正治療の情報サイト

不幸にも歯に何かトラブルが起きた場合不幸にも歯に何かトラブルが起きた場合、あなたの口への影響を最小にすることが重要です。歯を失った場合でも、インプラントやブリッジによって歯は補うことができますが、まだ残っているのであれば、できるだけその歯を救うために部分入れ歯などの治療をすべきです。


すぐに歯科疾患の治療をすることによって、あなたは歳をとってからの問題を最小限にすることができます。


・かぶせ物が破損したら、まずはそれを修理して保護します。

・ブリッジは、失った歯に代わって今までと同様の働きをさせるだけでなく、周囲の歯が、顎の保全を助けることにもつながります。


かぶせ物は、歯を損なって、周囲の歯の形、サイズ、および色をまねて生成されます。


ひび割れている歯と虫歯によってできた空洞を埋めてくれます。


歯根管治療で詰められた歯を保護するために、ブリッジは大切な役割をするのです。


かぶせ物は金属、セラミックのような材料で作られています。それらは、カスタム・メイドで本当の歯のサイズと長さがあうように患者様ごとに調整を行います。

ただかぶせ物は、8年程度使うことができますが、口腔衛生によってはるかに長い間使い続けることができるようになります。


現在の技術では、プラスチック、セラミックまたは合金などのさまざまな材料でかぶせ物を作ることができます。また、金属とセラミックの組み合わせによっても強さがちがいます。


ただし、見た目なども考えますとセラミックが最近の流行です。患者様はブリッジで欠けている歯を補うことで噛み付きを安定することができます。ブリッジは、周囲の歯が口の中をを動くのを防ぎます。ブリッジをつけられない場合の周囲の歯は不安定となり、歯が移動をし、歯並びが悪くなってしまいます。


接している歯が十分強いなら、少ない数の失った歯を取り替えるのにブリッジを使用できますが、失った歯の数が多い場合にはやはり入れ歯やインプラント以外に対応は難しいでしょう。


そのさい、歯を支えている歯茎と骨の状態がどの治療になるかに大きく影響を致します。